ひな祭りに食べると良い食べ物とは?

3月3日は「ひな祭り」です。『桃の節句』とも言って女の子日なので、柏餅を食べたり桃の花を飾ったりしますが「ひな祭り」とはいつから始まったものなのでしょうか?

【ひな祭りの起源とは?】

ひな祭りの起源は、奈良時代の女性の行事「雛供養(ひなくよう)」にさかのぼります。雛供養は、お雛様に化粧を施し、海に流すことで厄を払い、災いを回避するという風習でした。平安時代になると、この行事が「上巳の節句」という、男女の節句行事と結びついて、現在のひな祭りの原形ができあがりました。

上巳の節句は、旧暦の3月3日に行われる節句で、当時は桃の花を飾り、酒を飲んだり、歌をうたったりして、女児の健やかな成長と家庭の繁栄を願う行事でした。やがて、上巳の節句において、お雛様や五人囃子などの文化要素が取り入れられ、現在のひな祭りの形ができあがりました。

現代のひな祭りでは、お雛様を飾り、桃の花を飾ったり、ちらし寿司や菱餅などの特別な食べ物を食べる習慣があります。また、女の子の健やかな成長や家庭の幸せを願う節句行事として、女児の着物や髪飾りをプレゼントする習慣も広く行われています。

 

【ひな祭りに食べると良い食べ物】

ひな祭りには、地域や家庭によって異なる食べ物がありますが、代表的なものとして以下が挙げられます。

  1. ひしもち:三色のお餅を重ねて菱形に切ったもので、ひし形に見立てたお菓子です。
  2. ちらし寿司:ご飯に具材を混ぜて盛り付けた、お祝いの食べ物です。
  3. はまぐりのお吸い物:赤ちゃんの健やかな成長を願い、はまぐりを入れたお吸い物を食べる習慣があります。
  4. 菱餅:ひし形に整形したお餅で、杏仁豆腐や金平糖、水ようかんなどで包んで食べることが多いです。
  5. 桜餅:餅にあんこを包み、さらに桜の葉で包んで作るお菓子です。
  6. うすいもの:米粉で作った薄いクレープのようなもので、地域によっては「ぼたもち」と呼ばれるものもあります。
  7. 甘酒:米を発酵させた飲み物で、赤ちゃんの健やかな成長を祈って飲む習慣があります。

これらの食べ物は、日本全国で親しまれているものであり、ひな祭りの時期にはスーパーや菓子店などでも多く取り扱われます。

 

【ひな祭りに飾るお花は?】

桃の節句には、主に桃の花や桜の花を用いたお花が飾られます。桃の花は、古くから邪気を祓う効果があるとされ、また、春を告げる花としても重要視されてきました。一方、桜の花は、美しさや短い美しい命を象徴する花として、桃の節句にもぴったりのお花とされています。桜は日本の代表的な花であり、日本の伝統文化としての桃の節句とともに、日本人の心を魅了しています。また、桃の節句には、菖蒲や梅などの花を飾る地方もあるようです。

 

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -