2月22日は「猫の日」!?ではなく

2月22日と言えばよく言われるのが「猫の日」です。

「猫の日」は、2月22日に毎年開催される猫を祝う日で、日本で始まったイベントです。

猫の日には、猫をテーマにしたさまざまなイベントが開催されます。例えば、動物愛護団体や保護施設が猫の里親募集イベントを開催することがあります。また、猫のグッズや食品などを扱うショップでは、猫の日限定のセールやプレゼントキャンペーンなどが行われることもあります。

また、SNSやインターネット上でも、猫の日にちなんだハッシュタグが使用され、猫の写真や動画を投稿する人々が増えます。これらの投稿は、猫を飼っている人々のコミュニティの形成にもつながっており、猫好きの間では盛り上がりを見せることがあります。

猫の日は、猫を愛する人々が一緒になって、猫について考えたり、猫の飼育方法や保護活動について学んだりする機会として広く認知されています。

 

【2月22日の誕生花は?】

2月22日の誕生花は「アイビー(常春蔓)」です。アイビーは、茂っている蔦のようなつる性の植物で、常緑性の葉を持ち、花は緑色や黄緑色をした小さな花が集まって咲きます。アイビーは古くから、不老長寿や友情、愛情、結婚などの象徴として親しまれています。また、実際に医学的な研究でも、アイビーには様々な健康効果があるとされています。

アイビーの花言葉には、様々なものがあります。

一般的な花言葉としては、「忠誠心」「永遠の愛」「友情」「結婚」「復讐心」などが挙げられます。

また、花言葉には「飾り気のない美しさ」「憎しみ」「倹約」「保守的」など、負の意味合いのものもあります。

アイビーは、強靭な茎や葉が常緑であり、季節を問わず繁茂するため、永遠の愛や友情の象徴とされてきました。一方で、他の植物を覆い尽くして枯らしてしまうほどの強さを持つため、復讐心や憎しみの象徴とされることもあります。

このように、アイビーの花言葉は、複雑で多様な意味を持ち合わせています。

 

【アイビーの育て方について】

アイビーは、緑の葉が美しく、壁や垣根、鉢植えなどにも使われる観葉植物です。アイビーは非常に強い生命力を持つ植物であり、環境によっては簡単に育てることができます。以下にアイビーの育て方について詳しく説明します。

  1. ポットの選び方 アイビーを育てる場合、底面に穴のあるポットを選ぶことが重要です。排水が悪くなると、アイビーの根が腐ってしまうことがあるためです。

  2. 土の用意 アイビーは排水のよい土を好むため、多肉植物用の用土とパーライト、バーミキュライトなどを混ぜた用土を使うのがおすすめです。

  3. 置き場所の選び方 アイビーは、光があたる場所や半日陰など、明るくて風通しの良い場所を好みます。直射日光があたる場所には置かないように注意しましょう。

  4. 水やりの方法 アイビーは、水やりが少なくて済む植物です。土の表面が乾いてからたっぷりと水を与え、余分な水は必ず捨てるようにしましょう。また、冬場は水やりを控えめにするとよいでしょう。

  5. 肥料の与え方 アイビーは、成長期に肥料を与えると良いです。春と秋に、低濃度の液体肥料を与えるとよいでしょう。

  6. 剪定の方法 アイビーは、伸びすぎた枝を切り戻すと、新しい葉が生えてくるため、適宜剪定を行いましょう。また、壁面に貼り付けて育てる場合は、余分な葉や枝を切り取ることで、すっきりとした美しい姿に仕上げることができます。

以上が、アイビーの基本的な育て方についての説明です。アイビーは、強い生命力を持つ植物ですが、過剰な水やりや光、肥料を与えると枯らしてしまうことがあるため、適度な管理が大切です。

 

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -