2023年の春のお彼岸はいつから?

お彼岸とは、仏教における特別な期間の一つで、春分の日と秋分の日の前後7日間を指します。お彼岸は、先祖の霊を供養するために行われる期間であり、日本では仏教徒だけでなく、一般的に広く知られた行事となっています。

お彼岸の期間中には、先祖の霊を供養するためにお墓参りや盆供養が行われます。特に、初日の朝には、前日に準備した盆とともに仏壇にお供えするお供物を用意し、先祖の霊を迎えるための儀式を行います。また、期間中は家族が集まって、先祖の霊を供養するための法要や、お墓参りの後に食事をすることが一般的です。

お彼岸の期間中は、地域や宗派によって異なる風習や習慣があります。例えば、東北地方では、馬を走らせたり、球技をするなどの行事が行われることがあります。また、一部の地域では、お墓参りの後に踊りをする「盆踊り」が行われることもあります。

お彼岸には、それぞれの日にちに由来する名称があります。春分の日前後の期間を「彼岸の入り(あなたぎのいり)」、中日を「彼岸の中日(あなたぎのちゅうじつ)」、秋分の日前後の期間を「彼岸のおわり」と呼びます。また、お彼岸には、花祭りや秋祭りなどの地域の祭りも行われることがあります。

 

【2023年春のお彼岸はいつからいつまで?】

2023年の春分の日は3月21日(火)ですので、その前後7日間がお彼岸となります。したがって、2023年の春のお彼岸は、3月18日(土)から3月24日(金)までの期間となります。

 

【お彼岸にはどんなお花を飾れば良いのか?】

お彼岸には、故人を供養するためにお墓や仏壇にお花を飾る習慣があります。一般的には、彼岸花や菊、ヒガンバナなどの秋の花が用いられます。また、季節に合わせた春や夏の花なども用いることがありますが、彼岸花や菊、ヒガンバナに比べると少ない傾向があります。お花を飾る際には、故人への思いやりや感謝の気持ちを込めて、丁寧に手入れして飾るように心掛けましょう。

 

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -