【朝顔祭りの歴史について】

◆朝顔祭りの歴史◆

朝顔祭りは、日本の夏の風物詩として知られる祭りで、特に浅草地区で盛大に開催されています。その歴史は古く、江戸時代初期にさかのぼります。

朝顔祭りの起源は、浅草寺の例大祭である「薬師寺大祭」に関連しています。薬師寺大祭は、毎年6月30日に浅草寺で行われるお祭りで、このお祭りから朝顔祭りが派生したとされています。

当初は、薬師寺大祭の一環として、多くの人々が集まり朝顔の花を愛で合う行事が行われていました。その後、朝顔が祭りの中心的な要素となり、朝顔祭りが独立した祭りとして広まっていきました。

江戸時代末期から明治時代初期にかけて、朝顔の品種改良が進み、美しい朝顔が育てられるようになりました。特に、浄瑠璃の役者である中村団十郎が庭園で朝顔を育てることに情熱を注ぎ、その品種は「団十郎朝顔」として広まりました。

浅草地区では、朝顔祭りの開催時期には多くの人々が訪れ、朝顔市やパレード、屋台などが賑わいます。また、団十郎朝顔の品評会や朝顔のコンテストなども行われ、美しい朝顔の花々が競われます。

現代の朝顔祭りは、地域の伝統芸能や民謡なども披露され、浅草の賑やかな雰囲気を楽しむことができます。日本の夏の風物詩として、多くの人々に愛され、親しまれています。

◆入谷鬼子母神の朝顔祭り◆

朝顔祭りは、元々入谷鬼子母神の祭りであったとされています。入谷鬼子母神は、東京都台東区入谷にある神社で、江戸時代から信仰を集めてきた神社です。

入谷鬼子母神の祭りでは、夏の季節に朝顔を神聖な花として祀り、華やかに祭りを行っていました。この朝顔の祭りが後に朝顔祭りとして独立し、浅草地区で盛大に開催されるようになったのです。

朝顔祭りは入谷鬼子母神の祭りから派生しているとされており、その後浅草地区での発展とともに独自の特色を持つようになりました。入谷鬼子母神は、朝顔祭りの起源において重要な役割を果たしています。

 

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -