【危険】日本にある『毒』を持っているお花3選

こんにちは、みなさん。今日は、日本に自生する毒がある危険な花についてお話しします。美しい自然に囲まれた日本にも、毒を持つ花が存在することを知っていますか?それでは、危険な日本の花の中でも特に毒がある3つの種類についてご紹介しましょう

 

【①ヒョウタン】

ヒョウタンは、サクラソウ科の植物で、世界中で栽培や野生化が行われています。主に熱帯・亜熱帯地域が原産地とされていますが、日本でも栽培されています。

ヒョウタンの特徴的な形状は、球形またはびん形をしていることです。成熟したヒョウタンは乾燥させることで内部の種子が固くなり、皮が堅くなって耐久性が増します。そのため、乾燥した状態で長期間保存することができます。

ヒョウタンはさまざまな用途に利用されています。一般的には装飾や容器として使われることが多く、花瓶やランプのような装飾品として利用されることもあります。また、ヒョウタンの中身はくり抜かれ、茶器や楽器の共鳴箱として利用されることもあります。

ただし、ヒョウタンの果実には毒性があることに注意が必要です。果実に含まれる成分であるククルビタシンは、消化器系に影響を及ぼし、摂取すると嘔吐や下痢といった消化器の症状を引き起こす可能性があります。そのため、ヒョウタンを飾る際には果実に触れないように十分な注意が必要です。

ヒョウタンはその特異な形状や使い道から興味深い植物として知られており、さまざまな文化や伝統において重要な役割を果たしています。

 

【ヒョウタンの毒性】

ヒョウタンは日本の伝統的な花であり、美しい形状と色合いが特徴ですが、果実には毒性があります。 ヒョウタンの果実にはククルビタシンと呼ばれる物質が含まれており、摂取すると嘔吐や下痢などの消化器系の症状を引き起こす可能性があります。ヒョウタンを飾る際には、果実に触れないよう十分に注意しましょう。

 

 【②セイヨウオダマキ】

セイヨウオダマキは、セイヨウオダマキ科に属する多年草で、主にヨーロッパ原産です。日本や世界中で庭園や公園で栽培され、美しい花を楽しむことができます。

セイヨウオダマキの特徴的な花は、垂れ下がる形状をしており、白やピンク、紫などの色合いを持つことがあります。花弁は長く細く、優雅な姿をしています。また、葉は細長く対生し、緑色の葉の間から花が咲きます。

セイヨウオダマキは美しい花を持つ一方で、全体に強力な毒性を持つことで知られています。この植物にはアコニチンという毒素が含まれており、特に根や葉に濃く存在します。アコニチンは心臓に作用し、心拍数を増加させることで知られています。

そのため、セイヨウオダマキに触れる際には注意が必要です。特に、この植物の栽培や取り扱いには慎重さが求められます。摂取した場合や皮膚に触れた場合、アコニチンが中枢神経系や心臓に作用し、重篤な中毒症状を引き起こす可能性があります。

一方で、セイヨウオダマキは庭園や公園で美しい花壇を演出するために栽培されることもあります。その美しい姿と共に、十分な知識と注意を持って取り扱われることが重要です。

【セイヨウオダマキの毒性】

セイヨウオダマキには、アコニチンという毒素が含まれています。この毒素は心臓に影響を与え、重篤な心臓症状を引き起こす可能性があります。セイヨウオダマキに触れる際には、十分な注意が必要です。

 

 【③セイヨウヤドリギ】

セイヨウヤドリギ(学名: Viscum album)は、ヤドリギ科に属する寄生植物で、ヨーロッパを中心に広く分布しています。セイヨウヤドリギは日本では「ヤドリギ」とも呼ばれ、他の植物に寄生して生育します。

セイヨウヤドリギは常緑性の木本植物で、幹や枝に寄生して栄養を吸い取ります。特徴的な姿は、小さな楕円形の葉が対生しており、緑色から黄緑色をしています。また、セイヨウヤドリギは雌雄異株で、雌雄の花を別の木に付けます。

セイヨウヤドリギは冬になると、白い実をつけます。これらの実は鳥たちによって食べられ、種子が鳥の糞とともに他の樹木に運ばれて新たな寄生先として生育します。このため、セイヨウヤドリギは森林や庭園で見かけることがあります。

セイヨウヤドリギは古くから文化や宗教的な意味合いを持つ植物として知られています。クリスマスシーズンになると、セイヨウヤドリギの枝が飾られたり、伝統的な儀式で使用されたりします。また、一部の伝統的な民間療法では、セイヨウヤドリギのエキスが薬用として利用されることもあります。

【セイヨウヤドリギの毒性】

セイヨウヤドリギは、山岳地帯で見られる独特な姿を持つ花であり、美しい赤い実が特徴ですが、実には毒が含まれています。  セイヨウヤドリギの実にはトリテルペン配糖体と呼ばれる毒物が含まれており、摂取すると嘔吐やめまい、痙攣などの中毒症状を引き起こす可能性があります。山岳地帯でハイキングや散策をする際には、注意が必要です。

 

以上、日本に自生する危険な花の3つの種類をご紹介しました。自然の中で美しい花々を楽しむ際には、毒を持つ花に対する適切な知識と注意が必要です。皆さんも安全な自然観察を心掛け、美しい日本の自然を楽しんでください。

今日の番組はここまでです。危険な花についての情報を共有できて光栄です。

 

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -