「エケベリア属のおすすめ品種3選」

エケベリア属は、多肉植物の中でも特に人気が高く、その美しいロゼット形状と幅広い品種が愛されています。今回は、「エレガンス」「桃太郎」「ハムシー」という3つのおすすめ品種について、それぞれの特徴や育て方を詳しく解説します。

 

◆エケベリア「エレガンス」◆

特徴: エレガンスは、青緑色の葉が美しいロゼットを形成します。葉は半透明で、日光によって色が変わります。冬季には、葉がライトブルーやグレーに変色し、特に美しい姿を見せます。

育て方:

  • 置き場所: 明るい場所を好むものの、夏季の直射日光は避けてください。冬季は日光が少ないため、できるだけ窓辺など光の多い場所に置くことが理想的です。
  • 水やり: 土の表面が乾いたらたっぷり水を与えます。根腐れを防ぐため、水はけの良い土を使い、鉢底から水が流れ出るまで与えることが重要です。
  • 日当たり: 春から秋にかけては日光を好みますが、炎天下の直射日光は避けてください。
  • 肥料: 春から秋にかけての成長期には、月に1回薄めた液体肥料を与えます。

 

◆エケベリア「桃太郎」◆

特徴: 桃太郎は、ピンクがかった葉が特徴の品種で、葉先が日光によって赤くなります。ロゼット状の成長をし、鮮やかな色彩が目を引きます。

育て方:

  • 置き場所: 日当たりが良い場所を好みますが、夏季の直射日光は避けましょう。
  • 水やり: 土が乾いたらたっぷりと水を与え、水はけの良い土を使います。
  • 日当たり: 明るい日差しを好みますが、直射日光は避けてください。
  • 肥料: 成長期には月に1回薄めの液体肥料を与えます。

 

◆エケベリア「ハムシー」◆

特徴: ハムシーは、緑色の葉に白い斑点が特徴で、特に寒い時期には葉の縁が赤くなります。

育て方:

  • 置き場所: 明るい場所を好むが、直射日光は避けることが重要です。
  • 水やり: 土が乾いたら水をたっぷりと与えますが、根腐れに注意してください。
  • 日当たり: 明るい日差しを好みますが、炎天下の直射日光は避けてください。
  • 肥料: 成長期には月に1回薄めの液体肥料を与えます。

エケベリアは、その美しい外見と育てやすさから、初心者から上級者まで幅広く愛されています。水やりや日当たり、置き場所を適切に管理することで、エケベリアは長く美しい姿を保ち続けます。これらの品種を通じて、多肉植物の楽しみをぜひ体験してみてください。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -