2月18日の誕生花って何だろう?

 

2月18日の誕生花は、「ヒヤシンス(Hyacinth)」です。

ヒヤシンスは、春に花を咲かせる球根植物で、花言葉は「繊細な愛情」や「優美な美しさ」などです。また、ヒヤシンスの花は、花色によって異なる花言葉があります。例えば、青いヒヤシンスは「悲しみを癒す」、紫色のヒヤシンスは「神秘的な美しさ」、ピンクのヒヤシンスは「思いやり」、白いヒヤシンスは「清らかな愛」などとされています。

ヒヤシンスは、寒い冬の時期に球根を植えておくと、春に美しい花を楽しむことができます。また、鮮やかな色合いと豊かな香りが特徴で、花瓶に生けると室内を華やかに演出することができます。

 

【ヒヤシンスの花言葉とは?】

ヒヤシンスの花言葉には、花の色や品種によって異なるものがあります。以下に、いくつか代表的な花言葉を紹介します。

  • 愛らしい思いやり
  • 繊細な愛情
  • 優美な美しさ
  • 清らかな愛
  • 神秘的な美しさ
  • 誇り高き美徳
  • あなたにふさわしい
  • 幸福な家庭
  • 愛されていることを知っている
  • 悲しみを癒す(青いヒヤシンス)
  • 神秘的な美しさ、気高さ(紫色のヒヤシンス)
  • 想いやり、友情(ピンクのヒヤシンス)
  • 慈悲深さ、清らかさ、幸せな家庭(白いヒヤシンス)

ヒヤシンスは、優美で繊細な美しさを表現するのにふさわしい花言葉が多く、特に愛情や美に関する花言葉が多いです。また、花の色によっては、悲しみを癒すというような、少し異なるニュアンスを持つ花言葉もあります。ヒヤシンスの豊かな色合いと香りは、春の訪れを告げる花として人々に愛されています。

 

【ヒヤシンスはいつの時期のお花なの?】

ヒヤシンスは、主に春に咲く花の一つで、北半球では3月から5月頃にかけて咲き始めます。ただし、地域や気候によって開花時期は異なるため、早い地域では2月頃から、遅い地域では6月頃まで咲くことがあります。

ヒヤシンスは、早春の訪れを告げる花として親しまれており、鮮やかな色合いと豊かな香りが特徴的です。また、ヒヤシンスは室内でも育てることができるため、冬から春にかけての季節に室内で鑑賞することができます。ヒヤシンスは球根植物のため、秋から冬にかけて球根を植え、春に花を楽しむことができます。

 

【ヒヤシンスは何で香りが強いの?】

ヒヤシンスの花には、強い甘い香りがあります。この香りは、花の中に含まれる芳香成分によって生み出されています。

具体的には、ヒヤシンスの花の中には、芳香成分の一種であるライナロールが含まれています。ライナロールは、多くの花の香り成分として知られており、ヒヤシンスの香りの主要な成分の一つとなっています。

また、ヒヤシンスの香りは、他の植物の香りと異なり、特に強いとされています。その理由として、ヒヤシンスの花が放出する芳香成分の量が非常に多いためとされています。そのため、ヒヤシンスの香りは、近くにいる人々を魅了する力を持っています。

 

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -