胡蝶蘭の「3本立ち」「5本立ち」とは?

胡蝶蘭にはさまざまな種類があります。その中でもよく見かけるのが「○本立ち」という表現。1つの鉢の中に花の付いた茎が何本入っているかを表します。

本記事では贈り物によく使われる「3本立ち」「5本立ち」について紹介します。ふさわしいお祝いのシーンや値段相場も一緒に解説。ぜひ参考にしてください。

3本立ち胡蝶蘭とは?

3本の花のついた茎が1つの鉢に植えられたものを「3本立ち胡蝶蘭」と呼びます。花茎と株は同数のため、3株を寄せ植えしたものと考えても差し支えありません。

どんなお祝いで贈られる?

基本的に3本立ち胡蝶蘭はどのようなお祝いにもふさわしい贈り物といわれています。コンパクトで場所を取らないものも展開されているため、個人間の贈答にもおすすめです。

値段相場

胡蝶蘭の価格は本数だけでなく、花の輪数やサイズ、産地やグレードによって変動します。3本立ち大輪胡蝶蘭は16,500~33,000円程度が価格の相場といわれています。

→3本立ち胡蝶蘭はこちら

5本立ち胡蝶蘭とは?

5本の花のついた茎が1つの鉢に植えられたものが「5本立ち胡蝶蘭」です。3本立ち胡蝶蘭と比べて2本多く、豪華な見た目が特徴です。

どんなお祝いで贈られる?

1鉢あたりの胡蝶蘭の本数が増えると、その分豪華で華やかな印象になります。そのため、5本立ち胡蝶蘭は法人間やイベントなど、規模の大きいお祝い事にふさわしいといわれています。

値段相場

胡蝶蘭の花の輪数やサイズ、産地によっても異なりますが、5本立ち胡蝶蘭の価格相場は55000円程度です。

→5本立ち胡蝶蘭はこちら

胡蝶蘭の「3本立ち」「5本立ち」で迷ったときは

胡蝶蘭の茎数で迷ったときは、3本立ちで33輪程度の大輪胡蝶蘭を基準に考えましょう。個人間のお祝いであれば最適です。

企業や法人間でのやり取りでは5本立ち胡蝶蘭を贈るのが主流になっていますが、オフィスの大きさによってはふさわしくないことも。3本立ち胡蝶蘭のプレゼントが多い中、1つだけ5本立ちだと悪目立ちしてしまう場合もあるため、周りの動向をうかがうことも大切です。

個人間であっても一生に一度のお祝いや、「○周年記念」「社屋落成」などの企業の沿革に残るようなお祝いの場合は、胡蝶蘭の本数や輪数、花のサイズを大きなものにすると、お祝いに華やかさを添えられます。10本立ち胡蝶蘭はとくに豪華でおすすめです!

→10本立ち胡蝶蘭はこちら

 ※10本立ち胡蝶蘭をお求めの場合は、まずお電話にて在庫状況をご確認ください。

胡蝶蘭選びで困ったときはプロに相談!

胡蝶蘭を贈る際は3本立ちを基準に考え、贈り先やお祝いの規模に合わせて本数、輪数、サイズを決めましょう。

胡蝶蘭選びでお悩みの場合は、グリーンベルの『公式LINEにてご相談ください。胡蝶蘭のプロがもっともふさわしい胡蝶蘭をご紹介します。

 

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -