5千円・1万円・2万円の胡蝶蘭の違い

お祝いやお見舞い、さまざまなシーンで贈られる胡蝶蘭。豪華で高価なイメージのある花ですが、実は手ごろな価格から購入することもできます。

本記事では胡蝶蘭の値段がどのように決まるかを徹底解説。また、価格帯ごとに最適なプレゼントシーンを紹介します。

胡蝶蘭の値段はどのように決まる?

数千円のものから数十万円のものまで、胡蝶蘭の価格はさまざま。本記事では胡蝶蘭の値段が決まるポイントを2つ紹介します。

胡蝶蘭の株数

3本立ち」「5本立ち」「10本立ち」など、贈答用の胡蝶蘭は「○本立ち」という形で販売されています。この「○本立ち」とは、1鉢の中に胡蝶蘭が何株入っているかを表しています。

基本的には株数が多ければ多いほど、値段は高くなります。

花の輪数・大きさ

胡蝶蘭の値段は、1株あたりの花の輪数、大きさによって変わります。一般的に、花の輪数が多ければ多いほど、大きければ大きいほど値段は高くなります。豪華な胡蝶蘭は金額も高いと覚えておくとよいでしょう。

花の色による価格の違いはほぼない

プレゼント用に販売されている胡蝶蘭の多くは、「白」「ピンク」「紫」です。流通量の多い白色の胡蝶蘭は安く販売されることもありますが、基本的に色による価格の違いはありません。

なお「緑」や「青」、「赤」など、特殊な技術で染色したカラフルな胡蝶蘭は少々値段が高くなります。贈る相手の好みの色によっては、胡蝶蘭のサイズを小さくして、カラフルな胡蝶蘭にするのもおすすめです。

価格別のプレゼントシーン

手ごろな価格からも購入できる胡蝶蘭。価格別に最適なシーンを紹介します。ぜひプレゼントの際の参考にしてください。

5,000

5,000円台の胡蝶蘭は、切り花や1本立ちの鉢植えがほとんどです。コンパクトなタイプのため、小さなお店やオフィスの開店・開業祝い、誕生日プレゼントなど、個人的な贈答に向いています。

また、お見舞いに胡蝶蘭を贈るときは切り花タイプを選ぶ方が良いとされています。鉢植えには「(病が)根付く」という意味が含まれているため、控えましょう。また、白色の胡蝶蘭はお悔やみのイメージもあるため、避けた方が無難です。

10,000

10,000円台になると、2本立ちで中輪(ミディ)の胡蝶蘭が多いです。こちらは個人から個人、または個人から法人へ送る場合などによく使われます。

法人間の贈答には少しさみしい印象ですが、事業やお祝いの規模によってはふさわしいとされることもあります。

20,000

予算が20,000円台ならば、よく見かける3本立ちの大輪胡蝶蘭を贈れます。法人間のやり取りではこの3本立ちの胡蝶蘭をベースに、お祝いの規模を考えて株数やサイズを考えると良いといわれています。

もちろん、個人間のやり取りでもふさわしい場合があります。喜寿や米寿など、一生に一度しかないお祝いには3本立ちの胡蝶蘭がぴったりです。

→20,000円台の胡蝶蘭はこちら

当店では30,000円台の胡蝶蘭をおすすめしています。どのようなお祝いの場にもふさわしい、人気No.1の胡蝶蘭です。

→30,000円台の胡蝶蘭はこちら

気軽に胡蝶蘭を贈ろう

格式のあるお祝いで見られることの多い胡蝶蘭ですが、実は手ごろな価格からプレゼントできます。誕生日などのお祝いにもふさわしい贈り物です。

どの胡蝶蘭を贈ればよいかお悩みの場合は、グリーンベルの『公式LINEにてご相談ください。胡蝶蘭のプロが長年の経験から、ご予算にあわせて最適な胡蝶蘭を紹介します。 

 

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

フラワーショップ「グリーンベル」  

~ブーケやアレンジメントのECサイト~
https://shop.greenbell.co.jp/

電話:03-6802-4233
mail:info@greenbell.co.jp 

公式LINE:https://lin.ee/SP1FKnl (公式LINEでスタッフと相談可能です)


日本橋兜町、東京上野に23年の歴史を持つ当店は高級感あふれる胡蝶蘭もお取り扱いしております!法人取引も約500社ほど取引させていただいております
創業、就任、開店祝いの門出に お取引先の目を奪ってしまう
高品質でボリュームのある胡蝶蘭をご用意いたします♪

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -